トップページ >  > レーシック術後の目の状態は?

レーシック術後の目の状態は?

レーシック手術を行うと裸眼視力が回復され、コンタクトレンズやメガネを使用しなくても良いので、目の悪い方には人気の高い手術ですよね。レーシック手術は短時間で行える事もあり手術を受ける方も増えてきました。ですが、やはり手術なので不安な事もたくさんあると思います。

レーシック手術は、角膜を削り、レーザーを照射して屈曲を調節し、手術時間は20分程度で終了しますが、術後を不安に思う方もいらっしゃると思います。

レーシック手術の術後には、ドライアイになる方が多いようです。手術当日には、目が染みる感覚が残り、目を開けていると涙が流れてしまう方や、涙が止まらない方もいます。

当日はそのような状態ですが、翌日になると視界も良好になり、裸眼で見る事ができます。その場合に気になるのがドライアイや、目の充血です。

当日に感じた染みてしまう感覚は無くなりますが、目の充血や目が乾く感覚があるので、手術を終えた後には点眼薬を処方される事が一般的です。

点眼薬をさしながら様子を見ていると1週間程度で、通常の状態に戻るのですが、その後もドライアイや、充血などの症状が強いのであれば、手術を行ったクリニックへ再度行く必要があります。

その他にも、裸眼でも見えにくい事や、あまり変わらないなど、まれにこういったケースもあるそうなので、レーシック手術を受ける際には、クリニックの選び方にも慎重に行った方が良さそうです。

アフターケアをしっかりと行ってくれるクリニックもあるのでそういったところを見つけるのが良いでしょう。

レーシック手術Q&A

レーシックの適応検査の予約をする前に、気になることはなるべく解決しておきましょう。さらに疑問が出た場合は、適応検査でまとめて質問しましょう。
レーシック手術を行うと裸眼視力が回復され、コンタクトレンズやメガネを使用しなくても良いので、目の悪い...