トップページ >  > レーシックの基礎知識

レーシックの基礎知識

レーシックの基礎知識

レーシック手術は、レーザーで、眼の角膜表面を薄く削り取って屈折率を変えることで裸眼の視力矯正をする外科手術です。

まだ開発されてから10年ほどですから、今はじめてその名前を聞いたという方もいらっしゃるかもしれませんが、世界中ですでに数百万単位の方がその手術を受け、視力回復をしています。
しかも、世界的に見て、最も症例数の多いクリニックは日本にあります。

眼というのは、外から光を取り込んで網膜上で受像します。しかし、取り込んだ光の焦点が、網膜よりも手前で結ばれてしまうのが近視という状態です。遠くのものにピントが合いにくいのは、この近視の症状です。

そこで、レーザーで角膜を薄くすると、焦点の合う位置が奥にずれ、遠くのものもくっきり見えるようになります。これがレーシック手術です。

レーシック手術の手順

手術の具体的な手順としては、まず眼の洗浄消毒をした後に、麻酔の目薬を点眼します。
そして、専用のレーザーないしはカンナのようなものを使って角膜上皮を薄く切り取って蓋を作っておきます。

その蓋をめくった状態で角膜を視力回復に必要な分、レーザーで削ります。瞬きをするといけないので、瞼は開瞼器というもので固定された状態になっており、意識もあるので、レーザーが眼を照射するところは見えますが、麻酔が効いているので痛みはありません。

風が吹いたような感じがする程度だといわれています。

角膜を削ったら洗浄して、作っておいた蓋を被せ、定着するまで15分ほど安静にします。

その日は、ゴーグルや点眼をして眼を保護する必要がありますが、入院はしないで帰宅が可能です。そして翌朝くらいにはもう眼鏡やコンタクトレンズは不要になっています。


かなり安全性の高い外科手術で、最近は価格もかなり下がってきたので高いので躊躇っていたという方も手術を受けることにした例なども多くあるのですが、安全性が高いというのは完全にリスクが排除されているということではありません。

やはり一定のリスクや、合併症の恐れなどはありますから、医師の説明などをよく聞いて納得した上で、手術を受けてください。

レーシック手術Q&A

レーシックの適応検査の予約をする前に、気になることはなるべく解決しておきましょう。さらに疑問が出た場合は、適応検査でまとめて質問しましょう。
レーシックの基礎知識 レーシック手術は、レーザーで、眼の角膜表面を薄く削り取って屈折率を変えることで...